栄養素としてのカルシウムの働き



カルシウムの栄養素として体の中で働く役割を
詳しく説明したいと思います。


カルシウムの働きは、
誰もがカルシウムの常識として知る、
骨や歯を形成する役割です。
骨や歯に含まれるカルシウムは
体内にあるカルシウムの99%を占めています。
残りの1%はどこに?となりますね
わずか1%は血液中に含まれているのです。
心臓や筋肉そして神経伝達組織の働きを円滑にする役割があります。
脈拍のリズム、筋肉の収縮に大きく関わる血液中のカルシウムは
たとえ1%といえど、重要な働きをしているのです。


摂取したカルシウムは小腸から血液に吸収されます。
そして各箇所に運ばれ、残りのほとんどが骨に吸収されるのです。
仕組みを知っておくと、カルシウムの重要性が
お解かりいただけると思います。


常日頃から積極的にカルシウムを摂取し、
健康に暮らせるよう心がけましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。