100年間の子供たちの平均身長の変化

街で見かける近代のお子さんは背が高く手足がスラッと長い子が
非常に多いと思いませんか?


過去100年間(1900年〜2000年)の日本人の世代別平均身長の推移を
見てみると、明らかに身長平均が高くなっています。
例えば10歳男子では100年の間で15.2cm、
18歳女子は16.4cmも伸びているのです。


ここまで平均身長が伸びるとは、
この100年の間に何が起きたのでしょうか?


単純に考えればDNAの関係かと思いますが、
実際には外部環境の影響が大きく、
主に生活習慣(栄養)が改善されたことが
大きな要因と考えています。


食事は生きていく上で必要不可欠なことです。
この食事をバランス良く摂ることで、
より成長を促進できるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。